メイソンピアソンでふけが無くなる!?

メイソンピアソンを使えばふけが無くなる!?実施はどうなんでしょう?

癖っ毛で絡みやすい弱点にヘアブラシからのアプローチ


毎日ヘアブラシでヘアスタイルを整えていると時折大変なのがブラシの抜けの悪さ。特に癖っ毛持ちともなると大変で、一度髪にブラシを通す度にどこかで絡み付いてしまい、そのまま強引に通すと髪が余計に抜けたり肌に強い刺激が加わり、思わぬ痛みの原因となってしまうものです。
そんな私も日々自分の癖っ毛と悪戦苦闘している訳ですが、ヘアブラシに関しては色々なタイプを試しても得られる快適性にそれ程大きな差は無く、半ば諦めているというのが現状です。ただ一つ改善して正解だったのは、ブラッシング時に静電気が発生しない素材への変更。むしろ最近のヘアブラシはこの機能が当たり前なのですが、私が悩んでいた当時は静電気にまで注意が及ばず、その機能を全く無視し見た目だけで選んでいたのです。
ブラッシング中の静電気の発生は、只でさえ絡み易い癖っ毛をさらに絡み易いものとしてしまいます。静電気防止タイプのヘアブラシに買い替えてからは、明らかにそれが原因と思われる強い絡みは減った様に思います。何よりブラッシング中のパチパチとした嫌な音や感覚が減ったのは嬉しい事でした。
後はヘアブラシを入れる前の髪質の改善という事になるでしょうが、今では風呂上がりでまだ完全に髪が乾き切っていない状態で手早く行う様になりました。この方がブラシの通りも良く、加えて静電気も発生し難いものなのです。

ヘアブラシはどれも同じ?賢いブラシの選び方とは

ヘアブラシなんて髪がとかせればどれも同じと思っていませんか。実はその考え、大事な髪をダメージにさらしているかもしれません。
ヘアブラシは髪の太さや状態によって最適な材質が異なります。どんな材質がどのような髪に適しているのか見ていきたいと思います。

ヘアブラシの材質には猪や豚などの天然毛、ナイロンや樹脂、そして木製といったものが存在します。

天然毛は静電気が起こりにくく髪の毛へのあたりがソフトなのが特徴で、ダメージのある髪に効果的です。
髪の毛が太い、量が多いという方には弾力があり毛の太い猪毛のブラシが適しています。猪毛には適度な水分や油分もあり、切れ毛などのダメージも抑えることができます。
髪の毛が細い、量が少ないという方にはコシがあり柔らかい豚毛のブラシが適しています。猪毛より柔らかいため摩擦が起きにくく、ブラッシングによるダメージを軽くすることができます。
更に髪のダメージが気になる方には豚毛よりもさらに柔らかい軟豚毛が適しています。頭皮にも優しいのが軟豚毛の良いところです。

これら天然毛に対し、ナイロンブラシや樹脂のブラシは取り扱いの容易さが特徴です。
ダメージのある髪には注意が必要なこれらブラシですが、ナイロンブラシは簡単に洗えいつも清潔に使用できるというメリットがあります。また、樹脂製ブラシは薬剤や熱に強くスタイリングの際に便利です。

そして最後に木製のブラシですが、目が粗く頭皮を刺激する効果があるので、他のブラシを使用する前に使うのがおすすめです。静電気も起きないので、ダメージも抑えられます。

ヘアブラシにも色々な種類、役割があることがわかります。うまく使い分けツヤのある健康な髪を保ちましょう。